MENU

睡眠中に足がつる原因と対処法

足がつる,睡眠中,原因

 

睡眠中に徒歩がつって瞳が覚めた、という経験をした第三者は多いのではないでしょうか。

 

ただし足がつると言っても、単に急性動作や著しい動作による筋肉の疲れだけが原因とは言い切れません。

 

殊に頻繁に足がつる第三者は、それ以外のことが原因となっている場合がありますので、どういったことに気を付けていけば良いかご紹介します。

 

初めて主な原因として、「血行不良」があります。

 

殊更睡眠中は、下肢部分に血行がめぐり難い上、夏季のエアコンディショナーや冬の寒さを通じてボディが冷えたとおり快眠すると、さらに血行不良となってしまう。

 

元来、睡眠中は徒歩の筋肉は緩んで在るのですが、血行不良にて筋肉はある程度収縮し緊張して要る状態になってしまい、徒歩がつってしまうのです。

 

そのため、普段から体を冷やさないよう努めるのはもちろん、お風呂は出来るだけ銭湯に浸かったり、就寝前にふくらはぎのマッサージを通じて血行を良くするため改革、予防に繋がります。また、加齢や動作欠乏による筋力の後退によっても血行不良となります。

 

足がつる,睡眠中,原因

 

筋力が低下するという、ラフファッション動作を通じていなくても、日々の生活の中で筋肉が疲れを起こしやすくなるため、睡眠中に徒歩がつり易くなるのです。適度な動作を通じて、筋力を維持することも大切です。

 

あんまりの原因として、「ミネラル・水気欠乏」があります。

 

ミネラルには、マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムといった根底が含まれていますが、ミネラル欠乏になるとこれらのイオン均衡が壊れ、怒り交信が乱れてしまいます。

 

そのため、睡眠中は緩んでいなければならない筋肉に間違った指図がわかり、絶えず収縮し緊張していらっしゃる調子が続いてしまうことで足がつるのです。

 

ミネラル欠乏をまかなうには、海藻や果実などのミネラルパイを殆ど組み込む食べ物を意識的に取り入れたり、栄養剤も効果的です。

 

足がつる,睡眠中,原因

 

また、水気にはミネラルが豊富に含まれていますので、ミネラル欠乏にならないみたい普段から水気服薬をかかさないことが大切です。

 

動作を通じて汗をかく以外にも、第三者は1日にたくさんの汗をかいてあり、別に寝ている間は想像以上に汗をかきます。

 

冬などは汗をかかないからといった水気をサブ傾向ですが、就寝前にコップなかば?1杯程の水を呑むだけでも改革に繋がります。

 

水道水よりも、水やスポーツドリンクの方がおすすめです。

 

このように、頻繁に足がつる第三者は日課が原因となる場合が考えられますので、日々の生活の中で少しずつ意識して出向くため改革、予防に繋がるでしょう。

 

足がつるTOPへ